賃貸物件は浴室とトイレの設備に着目しよう!


追い焚き可や乾燥機付浴室について紹介!

賃貸物件において、バスルームは重要です。トイレと浴槽が一体化したユニットバスが多いものの、依然として浴室とトイレを別にした物件の方が高い人気を誇っています。一人暮らしなら追い焚き機能は要りませんが、家族で住むなら追い焚き機能は浴室に欠かせません。循環式で濾過装置が付いていれば、他の家族が入浴した後も綺麗なお湯に入れるでしょう。また、乾燥機付き浴室も増えつつあります。湿気がこもりやすく、黒カビが生えやすいというバスルームのデメリットが、乾燥機によって解消されるのです。浴室を使用した後に換気と乾燥を行えば、浴室の清掃がとても楽になるでしょう。乾燥機があれば、浴室が簡単に乾くだけでなく、洗濯物を干す場所としても使えます。

選ぶならこれ!ノータンクや温水洗浄便座付きのトイレ

賃貸物件のトイレについても、様々な設備が導入されています。まず、流水を貯めるタンクをトイレ内に設置しないノータンクトイレが開発されました。ノータンクトイレは、便器のまわりがスッキリとして掃除しやすくなります。タンクと便器の隙間がなくなり、清掃にかかる時間も短縮されるでしょう。また、温水洗浄便座が賃貸物件の設備として重視されるようになりました。オートロックや宅配ボックスに勝るとも劣らないくらい賃借人が設置を求めるようになったのです。温水洗浄便座は、従来の便器に後付けできる設備ではあるものの、入居前から設置してあると賃借人を集めやすいのです。温水洗浄便座の中でも、自動的にノズル洗浄できるタイプが清潔感を保てるとして賃借人に人気があります。

室蘭の賃貸ではどんな種類のペットを何頭まで飼っていいのか、大家や管理会社に必ず確認しておきましょう。ペットの頭数や種類に制限を設けている物件もあるためです。