オーダーメイド住宅を建てるのが難しいなら!?自由設計も考えてみよう


自由設計という選択肢も視野に入れる

自由設計とは注文住宅の一形態であり、間取りは施主が自由に設計できます。一方で水回りの設備に関しては施工会社が決定するので、完全なるオーダーメイドではありません。セミオーダーメイド住宅の一種であり、コストを削減できるのがメリットです。なるべく費用をかけず、かつ自由度の高い住宅を建てたい人に適した方法です。オーダーメイド住宅ほどの自由度はありませんが、注文住宅を検討する人の多くはセミオーダーメイド住宅を選択している現実があります。理想を完璧に追求すれば相応の費用がかかるので、ここで住宅設計が頓挫してしまうケースが多いです。大切なのは予算を超えない範囲で理想を反映させていくことです。

オーダーメイド住宅がよいとは言い切れない

理想をすべて反映させられるのがオーダーメイド住宅ですが、自由ゆえにすべて自分たちで決めなくてはいけません。細部に至るまで住宅設計をする必要があるので、膨大な時間を要するという問題があります。建材の一つひとつまですべて施主が決定するのは、楽なようで大変なことです。そのため注文住宅選びではセミオーダーメイド住宅がよく選ばれています。セミオーダーメイド住宅の場合でも、建売住宅よりは圧倒的に自由度が高いです。外観や内装などを決められるので、主要な部分は好みを反映させられます。水回りに関しては施工会社の指定品から選びますが、ポピュラーで使い勝手のよい仕様から選ぶため、自分で選ぶより失敗が少ないというメリットがあります。

京都の注文住宅を依頼するなら信頼できる不動産業者を選定しましょう。口コミサイトなどを参考にして、相談にきちんと乗ってくれる業者を見つけることが重要です。