家造りの計画を立てる際に確認したいポイント


購入資金の不足を補うため早めにローンを検討しよう

家造りに向けて計画を立てるにあたっては、ハウスメーカーや工務店の担当者と相談をして、どのくらいの購入費用が掛かるのかシミュレーションをすることが大切です。特に、新築の一戸建ての購入のためには、土地の購入を含めて数千万円の出費が発生するケースが多く、余裕をもって資金を工面することが肝心です。住宅の購入のための自己資金が不足している場合には、一戸建ての購入に適したローン契約をするために、色々な金融機関に資料請求をしたり、ローンの専用のサイトをチェックしたりして、最新のサービスの特徴を比較することが大事です。なお、年齢が若い人や収入が安定していない人は、ローンの審査が通るまでに時間が掛かったり、希望額の融資を受けられなかったりすることもあるため、審査手続きを始める前に慎重に金融機関側と話し合いをしましょう。

土地探しから丁寧にサポートをしてくれる業者を探そう

希望の立地に家を建てるためには、数ある住宅業者の中でも土地探しの段階から丁寧にサポートをしてくれるところにお世話になると良いでしょう。たとえば、注文住宅の販売件数が多い大手のハウスメーカーの中には、様々な立場の顧客に選ばれている土地のエリアや価格帯について、オンライン上で紹介をしたり、購入手続きに関する無料相談に応じたりしているところが珍しくありません。また、顧客の都合が良い時期に土地の見学の申込みができるハウスメーカーもあるため、どのような土地を選べば良いか悩んでいる時には、気軽に評判が良いところに問い合わせをするのが有効です。

注文住宅にかかる費用は、建物工事費が7割で付帯工事費用が2割、その他の諸費用が1割程度を占めます。2000万の家では、建物工事費用が1500万円くらいで、延べ床面積は30坪から40坪ほどの大きさになるのが主流です。