賃貸住宅へ引っ越す前に転出の手続きを済ませておこう!


引っ越しの実施前に転出の手続きをしておくべき理由

今まで住んでいた住宅から賃貸住宅へと引っ越すとき、新居が旧居と異なる市町村にある場合は、引っ越し前の準備として転出の手続きを行っておくべきです。これは、正当な理由が無く転出の手続きをしないままでいると、住民基本台帳法などの法令に違反するとして過料が科される場合があることや、代金の請求書や重要書類が入った封筒などが届かなくなることで日常生活上で不利益を被る可能性があることが主な理由です。

いつまでに転出の手続きを終わらせておけば良いか

転出の手続きができる期間は、引っ越しの当日の前後14日間です。今まで住んでいた住宅が賃貸物件だった場合は退去日を基準にし、そこから1~2週間前までに転出届の提出を済ませておくと良いでしょう。引っ越し前に転出の届出を終わらせておくことで、引っ越し後に行うべき手続きが1つ減り、生活をはじめるまでの準備が少し楽になります。

転出の届出の際には書類の添付が必要なことに注意

転出の届出は市町村役場指定の転出届を窓口に提出すれば完了ですが、このとき一緒に市町村が指定する書類を提出する必要があります。必要な書類はマイナンバーカードや運転免許証などといった身分証明書だけですが、場合によってはその他の書類も必要となります。例えば、国民健康保険や後期高齢者医療制度の加入者は、入っている保険の被保険者証を、印鑑登録をしている人は登録をしたときに発行された印鑑登録証を他のものと一緒に提出します。

転出の届出が受理されると、転出証明書が発行されます。これは引っ越し後に転入の届出を行う際に必要となるので、なくさないように保管しておきましょう。転入届の提出期限は転入をした日から14日以内で、賃貸住宅に引っ越した場合は正式に入居した日を起算日と考えておくと良いです。

苫小牧の賃貸は、1Kや1DKの間取りでは3万円台が相場となっています。また家族向けの3LDKでは、5万円から6万円台が相場です。