チェックしておこう!賃貸オフィスのメリットとデメリット


賃貸オフィスのメリット

賃貸オフィスの大きなメリットは、購入するより安い費用でオフィスを構えられることです。自社のオフィスを購入するとなると何千万という高額な費用が必要です。しかし、賃貸オフィスであれば初期費用として数百万、あとは月々の家賃を払えばOKです。また、自社で建物の管理を行わなくても良いこともメリットと言えます。例えば自社のオフィスの場合は建物の修繕や定期点検、清掃などを自分たちでそれぞれ手配しなければいけませんが、賃貸オフィスビルはビルの管理会社が全て手配するので入居者には手間がかかりません。そのほか、事業規模の拡大・縮小などにより、オフィスを引越したいというときも、賃貸オフィスの方が手軽に行えます。

賃貸オフィスのデメリット

賃貸オフィスのデメリットは、オフィスを自社の資産とできないことでしょう。賃貸オフィスはどれだけ長期間入居していても自社のものになることはなく、あくまで人から借りている状態です。また、オフィスを構えるときの費用は賃貸オフィスの方が安く済みますが、賃貸オフィスの場合は毎月家賃が発生します。その物件から退去しない限り毎月費用が発生するので、長期的に入居すればトータルではかなりの金額になるでしょう。しかし、どれだけ家賃を払っても賃貸は借り物なので、その点をもったいなく感じるかもしれません。なお、オフィスビルの出入口やロビー、エレベーター、階段などは入居者で共有することになります。通勤・帰宅など人が多く動く時間帯は混雑しやすいこともデメリットです。

中央区で賃貸オフィスを借りたいなら、かなりの費用が必要となります。よく考えて、借りるかを検討しましょう。