おしゃれさと機能性を両立する!生活スタイルに合わせた注文住宅の設計


スキップフロアを書斎のように使う

読書を楽しむための部屋を用意したい気持ちはあっても、書斎を作れるほど土地の広さに余裕がないのなら、スキップフロアを活かした注文住宅を建築してください。部屋が半分ほど地下に埋まったスキップフロアを作り、そこに本棚を設置することで部屋数を増やさずに書斎を作れます。1階と2階の中間に作ったスキップフロアの近くに窓を取り付けることで、採光性に優れる空間で読書を楽しめます。

見せ方にこだわった土間収納

収納スペースの見た目が悪く感じるのが嫌で、デザインを工夫したいと考える方々におすすめなのが土間収納です。玄関ドアを開けたら見える位置にある土間収納に、照明やアクセサリーを取り付けることで、来客にも自慢できる収納スペースを作れます。家族が乗っている自転車などを置いておけるのも、土間収納を作るメリットの一つです。

ホームシアターも自由に作れる

自宅で映画を視聴することが多い人におすすめなのがホームシアターで、注文住宅ならホームシアターに適した空間も自由に設計できます。音響にこだわりを持つだけでなく、モニターとプロジェクターを接続するケーブルを壁の中に隠せるように設計するなど、ホームシアターの作り方も自由です。

防犯性を意識したエクステリアにする

高級感のある住宅だとアピールしたくて柵を低くすると、空き巣が侵入しやすくなるのでエクステリアの作り方には注意してください。柵が低くなることで逃げ道などのルートも計算しやすくなり、空き巣に狙われやすい家になってしまいます。解放感のある外観にしたいのなら、防犯カメラなどを設置して防犯性を高めることをおすすめします。

3000万の家は、大手の住宅メーカーがメインに扱っており、住宅の見栄えやデザイン、室内の過ごしやすさなどにこだわる人に高く評価されています。