ここを押さえておけば大丈夫!?家づくりの基本中の基本とは

家づくりで大切なのは時間の確保

注文住宅を選ぶときは、十分な時間を確保しておきましょう。土地の取得、建物の建設に多くの時間がかかるからです。家づくりは焦ると失敗しやすく、完成後に問題が出てくることが少なくありません。時間的に余裕がないと、十分な住宅設計ができなくなります。そしてどこかで妥協をしてしまうと、それが後悔につながるのです。最終的な住宅設計はプロにまかせる必要がありますが、具体的な案は施主側で用意しておきましょう。どのような間取りにするか、収納と動線はどう調整するか、などを詰めていきます。家づくりのための家族会議を開いて、全員で案を出し合っていくのが好ましいです。例えば、バリアフリー空間は解放感があって過ごしやすいと考える人もいれば、プライバシーが損なわれるので嫌と感じる人もいます。どこで折り合いをつけていくかは、家族でよく話し合って決める必要があります。

施工事例をなるべく多く見ておく

注文住宅を建てるのは人生ではじめてという人が多いはずです。未経験だと経験やノウハウがなく、理想の家づくりが難しい現実があります。そこで注文住宅を建てる前に、施工会社の施工事例を見ておきましょう。それにより住宅の雰囲気、得意分野などが見えてきます。例えば、昔ながらの和風住宅づくりが得意、最先端の技術を導入した家づくりが可能、解放感があって明るい家づくりの実績が豊富など、施工会社によって特色が異なります。施工事例は公式ホームページで確認できますが、一番よいのは過去に建てた住宅を見せてもらうことです。

東京の注文住宅購入を検討する際は、まずどこに建てるかを考えて土地を探す必要があります。そして地元の複数の不動産会社に条件を出して見積もりを依頼します。